×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME無駄吠え奮闘記

我が家の無駄吠え奮闘記


うちのワンコは

吠える、噛む、おとなしく留守番できない・・・と

色んな問題がありましたが、
一番困ったのがやはり「無駄吠え」でした

愛犬のの無駄吠え

私の愛犬はミニチュアダックス

体は小さいのですが、吠えると相当声が大きいのです

何かあると吠えるので、大変でした

・知らない音に吠える
・ドアのチャイムに吠える
・散歩中に人や犬に吠える
・親戚のオッチャンにも吠える

これらの問題行動をなんとかしたいと思った私は、
忠実に「書店で売ってたしつけ本」のとおり実行しました

・犬より大きな声で「ダメ!」と叱る (相当な近所迷惑です)

・ゲージを叩く (手が痛いです)

・無視して相手にしない (私が無視されているのでは・・・?)

・エサを使ってなだめる (エサを食べながらは吠えられない?)


そう・・・

一般の「しつけ本」や「しつけマニュアル」に
書いてあったから、そうしていたのですが・・・


この方法では、まったく直りませんでした(涙)


それもそのはず・・・

何度言っても言い足りないくらい強調したいのですが・・・


森田誠さんのページにも書いてあるとおり

「犬は叱られていることを理解できない」のです


一般のしつけ方法は、
「犬は思考することができる 物事を理解できる」ということを前提に
書かれていることが多いのですが

実は犬の脳には「思考する」という機能が備わっていません

「叱ったら止めるだろう」という方法は絶対に間違いなのです

大きな声で叱られたり、

大きな音を出して叱ったり

モノを投げられたりしても・・・

犬はその瞬間に恐怖や危険を感じて止まるだけです
(そういう危険察知能力はすごく高いのです)


「こうしたら、こうされるから次から止めておこう」
なんて、絶対に考えられない生き物なのです

「吠えるのを止めたらエサがもらえるんだ
 エサが欲しいから吠えるのを止めよう」なんて考えるのはムリなのです



ですが・・・

森田流のしつけ方法に出会う前に、そんなことは知りませんでした


愛犬の無駄吠えに困った私は、

ついに、アノ手を使おうとしていたのです・・・

アノ手とはこれです・・・


愛犬と優しく接するしつけ方法なら
 「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」


   ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

メールレターを配信しています
「愛犬と楽しく暮らすための生活術」

関東(特に東京、神奈川)のドッグカフェの情報や、人気犬ブログ、
お役立ちワンコグッズや、おしゃれなショップ情報などを配信しています

「犬ともっと遊びたい〜!長く楽しく暮らしたい〜!」と願うかたのために書いてます♪
ご興味があれば登録してみてくださいね

お名前(ニックネーム可)
E-Mailアドレス

※メールアドレスなどの大事な個人情報は責任を持って管理します
許可無く第三者に譲渡することはありません